03-5577-2925
受付時間
9:00~20:00
定休日
土日祝日

※事前予約で休日時間外の対応可能

【会社設立手続の流れ】 定款の作成から設立登記、必要書類の準備について/神保町法務司法書士事務所

神保町法務司法書士事務所 > 会社設立 > 【会社設立手続の流れ】 定款の作成から設立登記、必要書類の準備について

【会社設立手続の流れ】 定款の作成から設立登記、必要書類の準備について

会社を設立し、法人格を得るには、設立登記を行う必要があります。そして設立登記をするには、役員の選任であったり定款の作成であったり、様々な手続を進めておく必要があります。
全体の流れが掴めるよう、株式会社における会社設立の手続を当記事で解説していきます。必要書類の内容も紹介していきますので、会社設立にあたっての参考にしていただければと思います。

 

会社設立手続の流れ

 

会社設立手続を完了させるには、定款の作成やその認証手続、出資の履行や取締役の選任、そして設立登記などを進めなくてはなりません。
流れに沿って各手続の内容を見ていきましょう。

 

定款の作成・認証

 

まずは定款を作成しなければなりません。
会社の根本原則として機能する定款には、少なくとも会社の商号や目的、本店所在地といった基本情報を記載しなければなりません。これを「絶対的記載事項」と呼びます。

 

また、株式の譲渡制限や役員の任期などの「相対的記載事項」と呼ばれる重要事項に関しては定款に記載することが効力発生の条件となっています。
そして相対的記載事項のうち、特に会社設立にかかわる事項は「変態設立事項」と呼ばれます。変態設立事項に係る現物出資などを行う場合には必ず定款に記載しなければなりません。

 

これら様々な事項を発起人全員で定めていき、1つの定款を作成していきます。
そして完成した定款を公証人にチェックしてもらいます。この手続は「認証」と呼ばれます。

 

設立時発行株式の設定

 

設立時に発行する株式の数を決めます。
株式の譲渡制限がない公開会社においては、“発行済”株式総数と“発行可能”株式総数のバランスに留意する必要があります。

 

発行可能株式総数に対して1/4以上の株式を発行していないといけないからです。
公開会社では多数の株主が利害をともにしますので、このルールのほか、株主の権利利益を容易に侵害できないよう会社法で種々の規制がかけられています。

 

出資の履行

 

設立時発行株式の設定が済めば、当該株式の引受と出資の履行を行いましょう。
発起人に関しては必ず1株以上の引受が必要となります。

 

役員の選任

 

役員も置かなければ会社経営ができません。
そこで設立時取締役を選任するため、発起人が取締役として適任な人物を探し、経営を委任します。

 

なお、発起人以外の株式引受人がいる場合(後述の「募集設立」の場合)には、その設立時株主も混ぜた総会にて選任手続を行わなければなりません。

 

設立登記

 

会社設立手続の最後は設立登記です。

 

登記を行うことで法人格が与えられます。
これは募集設立であろうとなかろうと変わりはありません。株式会社に限った手続でもありません。設立手続の過程で異なる点は多くあるものの、会社を設立するのであれば、最後に設立登記が必要になる点は共通しています。

 

法人設立届出書の提出

 

前項までの手続で会社の設立自体は完了します。

 

しかし実際には法人格を取得して会社設立ができた後も、しなければならない手続が残っています。

 

例えば「法人設立届出書」の提出です。
これは税務署にて行う手続です。納税義務との関係から、会社が成立したことを通知しなければなりません。設立登記から2ヶ月以内に提出しましょう。

 

「募集設立」で株主を集める場合

 

起業者である発起人だけで会社設立をすることを「発起設立」といいます。
これに対して発起人以外の出資者(株主となる人物)も参加するときの会社設立手続は「募集設立」と呼ばれます。

 

募集設立の場合、利害関係人の幅が広がります。
会社設立手続を実際に行う発起人以外とも利害をともにするため、それら出資者の権利利益も保護しなければなりません。

 

そこで役員の選任など重要な事項を決定するには「創立総会」を開催する必要があります。
発起設立だと発起人らが協議するだけでよかったものが、実質株主総会に値する創立総会の手間が加わることとなります。

 

またその前提として、次のような形で出資者を募る手続も進めなくてはなりません。

 

1.発起人が募集するとの意思決定をする

2.募集事項を定める

3.募集内容を通知する

4.申込を受ける

5.申込者に割当てをする

6.申込者による出資の履行を受ける

 

会社設立の必要書類

 

会社設立手続に向けて、次の書類を準備しましょう。

 

定款
電子定款とする場合CD-Rも用意

●発起人の決定書
発起人全員の同意を示す書類

●設立時役員の就任承諾書・印鑑証明書
役員としての委任を受けたことを証する書類

●振込証明書
出資の履行を証明するために通帳の記帳欄と表紙、個人情報欄をコピーしたものを用意

●登記申請書
商号、本店の所在地、公告方法、資本金額、登録免許税等を記載したものを用意

●登録免許税納付用台紙
資本金額に応じた登録免許税を納めるため収入印紙を貼付した台紙を用意

●印鑑届出書
会社の実印を作るために用意

 

なお、必要書類は設立する会社の種類や手続方法によっても異なります。詳しくは専門家に相談して、漏れのないように準備を進めていきましょう。

神保町法務司法書士事務所が提供する基礎知識

  • 相続とは

    相続とは、相続人が、被相続人の一身に専属したもの以外の被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継するものです。(民法八百...

  • 相続人調査とは

    相続人調査とは、 被相続人の戸籍を調査して法定相続人が誰であるかを調べることを指します。誰が相続人であるのかということは...

  • 商業登記とは

    ■商業登記制度の意義商業登記制度は会社や商人に関する取引上重要な事項を商業登記簿に登記して公示するための制度であり、商号...

  • 相続登記とは

    ■相続とは相続は、人の死亡を原因として開始します(民法882条)。相続人が2人以上いる場合、相続財産(相続の対象となる財...

  • 民事信託のメリットとデメ...

    民事信託の大きなメリットは成年後見制度や遺言では実現できなかった自由な財産管理・承継が可能という点です。民事信託は契約行...

  • 事業承継を司法書士に依頼...

    事業承継を司法書士に依頼することのメリットとしては、①法律知識が豊富である点、②他士業とのネットワークに優れている点が挙...

  • 遺産分割協議書の作成

    ■遺産分割協議書とは遺産分割協議書とは遺産分割協議の内容を記した書面です。相続を行う際には、相続人同士が遺産分割協議を行...

  • 相続財産調査とは

    相続が発生した時には、相続人を確定するだけでなく、相続する財産がどのくらいあるのか、どのようなものであるのかを調査する相...

  • 遺留分

    ■遺留分とは兄妹姉妹以外の相続人は遺留分を有しています。直系尊属のみが相続人の場合は被相続人の財産の1/3(1028条1...

  • 遺言書作成

    ■遺言書とは遺言書とは被相続人が相続人の遺産分割について生前に定めておいたその内容を記録した書面です。遺言書には主に、自...

  • 相続放棄

    ■相続放棄とは相続した場合相続人は被相続人の一切の権利義務を承継します。しかし相続放棄の手続きをした場合、 初めから相続...

  • 登記書類の作成

    ■不動産登記の申請不動産登記においては、IT化の進展などに伴って、現在ではオンラインでの申請が原則とされています。登記の...

  • 商業登記とは

    ■商業登記制度の意義商業登記制度は会社や商人に関する取引上重要な事項を商業登記簿に登記して公示するための制度であり、商号...

  • 紙の定款と電子定款

    定款とは、商号や事業の目的、本店所在地、機関等、会社についての根本的な規則を記載・記録したものをいいます。定款には、書面...

  • 不動産の名義変更

    ■所有権移転登記所有権移転登記とは、その名の通り所有権が移転したことを示す登記です。登記上では、最後の所有権移転登記の名...

  • 抵当権の設定・抹消

    抵当権は、弁済期が到来しても債務が弁済されない場合に、担保とした不動産を競売にかけて、売却代価から他の債権者に優先して弁...

  • 所有権保存登記

    ■所有権保存登記とは所有権保存登記とは、ある不動産につき初めて行う所有権の登記のことです。言い換えれば、「表題登記」が作...

  • 会社の設立・変更登記

    ■会社の設立の登記ここでは、株式会社における発起設立の場合の設立登記について紹介していきます。設立の登記は、会社設立の手...

  • 会社設立の流れ

    会社の設立は、商号(会社の名称)や事業目的等といった会社の根底となる基本事項の策定から始めるのが通常です。その後は決定し...

  • 法人化するメリット・デメ...

    個人事業者が新たに法人を設立して法人格を得ることを、一般に、「法人成り」といいます。事業の法人化は取引の幅や範囲が広がる...

  • 株式会社と合同会社の違い

    株式日本で設立される会社はその組織形態の在り方から、「株式会社」と「持分会社」の二つに大別されます。また、持分会社はさら...

  • 会社の概要を決める

    会社設立にあたっては、盤石な組織づくりから開始していくことが大切です。特に、「会社の憲法」ともいわれる定款は、役員・機関...

  • 事業開始に必要な届出

    会社を設立した後、実際に事業を開始するには各種行政機関に所定の届け出を行う必要があります。ここでは、事業の開始に必要な届...

  • 事業計画書の作成

    事業計画書は、会社の設立に際して必要な資金を集めるために重要な役割を果たします。事業の方向性を検証し、計画書を作成するこ...

  • 資金調達

    会社を設立しても資金が十分になければ、事業の拡大や新規事業への参入等、会社としての発展を妨げることになるかもしれません。...

  • 民事信託とは

    民事信託とは、信託法の改正によって本格的な活用が可能になった制度です。民事信託では受託者、委託者、受益者といった主体が登...

  • 民事信託の手続きと流れ

    民事信託を行う場合には、何を行いたいのか、それは民事信託でどのような形で実現できるかといった把握をはじめに行う必要があり...

  • 認知症対策としての家族信...

    従来認知症への対策としては成年後見制度が唯一の解決手段といっても過言ではありませんでした。しかし、成年後見制度は認知症の...

  • 遺言書の代わりとして

    民事信託の仕組みとして特徴的なものの一つが遺言代用信託と呼ばれるものです。これは民事信託を利用し、遺言と同じような効果を...

  • 成年後見制度

    成年後見制度は認知症や病気などによって、いわゆる制限行為能力者となった方を保護するためにあります。成年後見制度では財産の...

  • 事業承継の方法

    ■事業承継の方法事業承継では、その承継先によって親族承継・従業員承継・M&Aというような区別がされています。これ...

  • 親族承継と従業員承継

    ■親族承継の方法親族承継とは、現経営者の親族に対して事業を承継することをいいます。親族承継を行う場合、後継者育成、株式移...

  • M&Aによる事業承継

    ■M&Aの方法M&Aとは、事業を個人ではなく企業に対して承継することをいいます。M&Aを行うには...

  • 事業承継を司法書士に依頼...

    事業承継を司法書士に依頼することのメリットとしては、①法律知識が豊富である点、②他士業とのネットワークに優れている点が挙...

  • 民事信託を活用した事業承...

    ■民事信託とは?民事信託とは、自分の財産の管理を家族等に委託することをいいます。委託者は信頼の置ける相手に自己の財産を移...

  • 個人事業主の事業承継の流...

    ■大まかな流れ個人事業主が事業承継を行うにあたっては、後継者の選定・育成、株式等の財産移転の準備、財産移転を行う必要があ...

  • 公正証書作成

    司法書士の業務のひとつとして、公正証書作成があります。公正証書の作成は、以下のように進行します。まず、必要書類の手配を行...

  • 司法書士が行う債務整理

    債務整理の業務は、一般的には弁護士により行われています。しかし、司法書士も、業務として債務整理を行う場合があります。では...

  • 過払い金請求も司法書士に...

    過払い金請求についての業務は、一般的に弁護士により行われています。しかし、司法書士についても、業務として過払い金請求を行...

代表司法書士

強みは、上場企業の経理部時代の経験である会計知識に、
会社法実務を組み合わせた中小企業及びベンチャー企業の法務サポート。

岩本司法書士の写真
代表司法書士
岩本 行基人
所属団体・資格等
  • 東京司法書士会
  • 民事信託推進センター 会員
  • 民事信託士
略歴

茨城県生まれ 神奈川県育ち 東京都在住

平成16年 明治大学法学部卒業後、地元の地方銀行、電機メーカーの経理部に勤務
平成21年 司法書士試験に合格
平成22年

都内の司法書士事務所数か所に勤務

※会社設立、企業法務、相続登記、不動産決済等それぞれに強みをもつ各事務所にて実務経験を積む。

平成28年03月 神保町法務司法書士事務所を開所。

事務所概要

身近な法律家『司法書士』があなたのお悩みにお答えします。

不動産登記、商業登記

司法書士は依頼を受けて様々な書類を作成したり、登記または供託に関する手続きを代理で行うことができます。

主に不動産登記や、商業登記が大きな仕事となります。

成年後見業務

近年司法書士の仕事として非常に注目されているのが、成年後見業務です。

判断能力の低下がみられる高齢者の方の財産を守るため、後見人をつけることが可能です。

過払い金訴訟、債務整理

過払い金訴訟や債務整理を専門とする司法書士もいます。

依頼者様の抱える問題を得意とした司法書士に依頼するとスムーズです。

事務所名 神保町法務司法書士事務所
代表者 岩本 行基人 (いわもと ゆきと)
所在地 東京都千代田区神田神保町1丁目32番地大湯ビル303号
電話番号/FAX番号 TEL:03-5577-2925 FAX:03-5577-2926
営業時間 平日 9:00~20:00
定休日 土日祝日
※ 事前にご予約いただければ、休日時間外のご相談も承っております。
司法書士事務所相談サポート https://www.soudan-form.com/shihosyoshi-search/tokyo/903914/

ページトップへ